« 秋雨 | メイン | 憧れ »

2017年10月 5日 (木)

神の白菜 経過

 

しばらくぶりで覗いてみた。

なんとなく”神の領域”と思ってしまうので、足がそっちに向かなかった。

さてさてどんな様子かな、白菜区画入場・・・

 

Nec_0343 おっ、いいな

 

Nec_0349_2 いいねぇ 虫食いもほとんどない!

ん・・・おやっ

 

Nec_0345 神バッタの洗礼か・・・

 

Nec_0346 神青虫だ

 

Nec_0344

うーん

 

Nec_0347

ちっさ! 

一度食われて消えかけてから再び芽を出したからだろう。苗として植えた時より小さいものがいくつかあった。

草に先を越されているので、優位性を取り返せるように周りの草を退ける。いわゆる栽培管理。これで条件を満たせず”神の白菜”候補からは離脱。

 

でも神は神だ。売り物としての”神の白菜”にはならないが、そしてタイミング的に巻かずに終わってしまうだろうが、どんなものでも無駄にしない。喜んで食べてくれる鶏を思い浮かべれば。

 

Nec_0348

 

さあ、収穫まで2週間といったっところか。

不耕起、無農薬、無施肥、放任栽培という10年連作のスペシャル白菜。

・・・

まあざっと売り物としての”神の白菜”候補は全体の6割ぐらい。

巻かないものは自家用鶏用として、その他庶民系虫食い白菜がそれなりにありそれも出荷にまわる。

あえて、とかじゃないが、見落とした虫が皆さんのお宅に届くかもしれない。

それを好んで食べる人はいないでしょう。

でも、もし食べちゃっても大丈夫なので。

神虫なので。

良質のたんぱく質と思って。

神経質にならないで。

 

 

 

コメント

コメントを投稿